Web資産の仕組みってどうなってるの?

Webサイト・ブログ運営に広告収入を+

みなさんおはようございます。
小野寺@Webテロリストです。

さて今回は「Web資産の仕組み」と題して
Web資産の代名詞でもあるWordPressブログを活用した
「Web資産の仕組み」について解説していきたいと思います。

まずは下の図をご覧下さい。

広告の収入モデル

雑誌に例えた広告の収入モデル

上記の図が正にWeb資産の仕組みです。

ネットビジネスに置き換えると
「読者 = リスト」
「広告媒体(出版社)= Webサイト・ブログ(あなた)」
「販売者(広告主)= インフォプレナー(情報商材販売者)」
といった感じになります。

また、広告の種類もアフィリエイトやPPC広告、バナー広告などがあり、
それらの広告の中から自分(自身のWebサイト)に一番マッチした広告を選び、
その中から更にジャンル(属性)で絞り込むといった事が必要です。

広告の種類については別の機会に解説しますので、
今の時点では「広告にもイロイロな種類がある」と覚えておいて下さい。

それでは今回も最後までありがとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ